Sticky Institute

みなさんはZineいう言葉をきいたことがありますか?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Zineとは元々アメリカのアーティストたちが自分たちの写真やイラストなどのアートを印刷しホッチキスで止めて売り始めたのが始まりだといわれています。

ようは、自分の好きな作品を作って販売する自主出版の本のこと。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

日本でも徐々に浸透しつつあるZineですが、アーティストの街と言われるメルボルンでも注目を集めています。

そんなZineを専門に扱うSticky Instituteはメルボルンで一番有名ながら、なかなか知られておらず、なんとフリンダース駅の地下にあるというから驚き。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

狭い店内にはところ狭しとZine並び、店全体から溢れるアートな雰囲気にわくわくせずにはいられないはず!

誰でも販売することが可能で、本格的な雑誌から手書きのものをコピーしてホッチキスしただけというゆる〜いものまで。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

値段も2ドルくらいからあり、高くても20ドルほど。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そしてこちらの店舗ではZine作りたい人のためにコピー機や、カンバッチを作るマシーンの貸し出しもしています。

13390926_1077481372326230_721121417_n-1

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

何百冊とあるなかから、自分のお気に入り1冊を見つける作業はまるで宝探し。

ついつい時間を忘れてしまうこちらのショップ、メルボルンのアートの’’今”を感じるには最高の場所。

シティに行くなら必ず行くべきおすすめスポットの一つです!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

水−金 12pm to 6pm

土   12pm to 5pm

www.stickyinstitute.com

10 Campbell Arcade, Degraves Subway, VIC 3000


MIZ

FOUNDER / GRAPHIC DESIGNER

1989年生まれ、京都出身、メルボルン在住のグラフィックデザイナー。日本の大学でファッションデザインを学び、卒業後はスポーツウェアデザイナーとして働き始める。好きな仕事ながらも、プレッシャーと長時間労働により鬱と診断され、退社を決意。何も出来ない数ヶ月を過ごし、薬に頼らずに鬱を治す「認知療法」と出会い、徐々に回復する中で、やりたい事や、働くこと、生きる事の意味について考え始める。

2014年に小さい頃からの夢、英語を話す事を目標にワーキングホリデーでメルボルンに渡豪。言葉、仕事、家探しや友達作りなど、今まで簡単だったはずの事に苦戦しながら、海外に住む事、またメルボルンという街の面白さを伝えたいとMish Melbourneをスタート。メルボルンのグラフィックデザイン会社でのインターンシップを経て、自分の本当にやりたいこと「グラフィックデザイン」に出会う。

Miz Website

Instagram


他の記事もチェック!


Leave A Comment