• Yong Green Food

    September 25, 2016 ALL, Cafe

    メルボルンといえばコーヒー!という人も多いかもしれませんが、ベジタリアン、ヴィーガン料理が豊富なことでも知られています。

    今回ご紹介するのは、以前紹介したVegie Barから徒歩2分にあるYong Green Food。

    アジアンテイストなベジタリアンレストラン。

    いつも大忙しで賑やかなベジバーに比べてこちらは、静かに仲のいい友達と静かに楽しむ場所。

    料理は全て肉、魚をしようしないベジタリアン。

    それに加えて、グルテンフリーやヴィーガン、またニンニク、玉ねぎ抜きにも対応している徹底ぶり。

    こちらはこの店の看板メニューである、その名もドランゴンボール。

    ご飯の上にはフレッシュな野菜、そしてテンペやキムチの乗ったとってもヘルシーでボリュームのある一品。

    一緒に来るのは、なんと手作りのひよこ豆味噌汁。

    野菜炒めも、様々な具材とスーパーフードであるキヌアを混ぜたライス付き。

    シェアをするというよりは、一人でがっつり食べたい時にオススメな場所でもあります。

    比較的いつも忙しいこのお店ですが、中には一人で来る女性や男性も。

    ヘルシーでボリュームのある晩ごはんが食べたい時には必ずここ。

    月曜定休日

    日 12pm – 3pm, 5pm – 9pm

    火 12pm – 3pm, 5om – 10pm

    水 5pm – 10pm

    木 12pm – 3pm, 5pm – 10pm

    金 12pm – 3pm, 5pm – 10pm

    土 12pm – 3pm, 5pm – 10pm

    yonggreenfood.com.au

    421 Brunswick St, Fitzroy VIC 3065

    MIZ

    FOUNDER / GRAPHIC DESIGNER

    1989年生まれ、京都出身、メルボルン在住のグラフィックデザイナー。日本の大学でファッションデザインを学び、卒業後はスポーツウェアデザイナーとして働き始める。好きな仕事ながらも、プレッシャーと長時間労働により鬱と診断され、退社を決意。何も出来ない数ヶ月を過ごし、薬に頼らずに鬱を治す「認知療法」と出会い、徐々に回復する中で、やりたい事や、働くこと、生きる事の意味について考え始める。

    2014年に小さい頃からの夢、英語を話す事を目標にワーキングホリデーでメルボルンに渡豪。言葉、仕事、家探しや友達作りなど、今まで簡単だったはずの事に苦戦しながら、海外に住む事、またメルボルンという街の面白さを伝えたいとMish Melbourneをスタート。メルボルンのグラフィックデザイン会社でのインターンシップを経て、自分の本当にやりたいこと「グラフィックデザイン」に出会う。

    Miz Website

    Read More...

  • East Elevation

    September 19, 2016 ALL, Cafe

    メルボルンの北のサバーブはフィッツロイやコリンウッドだけではありません。

    様々な国のレストランが集まるブランズウィックにも、おすすめカフェはたくさん。

    その中でもミッシュの新しいお気に入りカフェEast Elevation

    メルボルンの秋冬の定番メニューは、たっぷりのオイルでローストしたマッシュルーム。

    このカフェでは、バターソテーしたほうれん草と、フェタチーズで相性抜群。

    こちらも冬の定番、どのカフェにも必ずと言っていいほどあるベイクドビーンズ。

    トマトベースのソースで煮込んだマメに、チリが効いています。

    パンプキンパンと相性抜群。

    カフェがごまんとあるメルボルン、どのカフェもどこか似たり寄ったりになりつつあるの中で、このカフェをおすすめしたい理由は幾つかあります。

     

    なんと上に畑があって、そこで育てた材料が目の前のお皿に並ぶこと。

    席からはなかなか見えませんが、レジの向こう、キッチンの上が畑になっています。

     

    2. メルボルンでも知っている人は知っているチョコレートブランドのMonsieur Truffeの工場があること。

    上品な味のする質のいいチョコレートは、大切な人にプレゼントとしてあげたい特別なチョコレート。

    チョコレート工場と隣接しているだけあって、もちろんホットチョコレートもこのカフェの売り。

    今回は変わり種のピーナッツバター入りのホットチョコレートをチョイス。

    ピーナッツバターの食感が濃厚なチョコレートにぴったり。

    他にもチリ入りのホットチョコレートなどなど他のカフェでは見たことのないメニューがたくさん。

    家でも楽しめるパウダーも売っているので、これから秋に向かう日本にはとってもいいお土産かもしれませんね!

    あたらしいMishのお気に入りカフェ、ぜひ足を運んでみてください!

    月 – 金 8am – 4pm

    土 – 日 8.30am – 5pm

    351 Lygon St, Brunswick East VIC 3057

    http://www.eastelevation.com.au/

    Read More...

  • Vegie Bar

    September 15, 2016 ALL, Cafe

    今まで数々のベジタリアン、ヴィーガンのカフェやレストランを紹介してきたミッシュが、まだ紹介していないメルボルンの超有名ベジタリアンカフェ、レストラン、ベジバー。

    ベジタリアンからヴィーガン、またベジタリアンでない人からも愛されるベジバーは、昼も夜も平日も休日もいつも賑わう超人気店。

    メルボルンに住む人なら一度は必ずきたことのあるというほど、まさにフィッツロイのアイコンのような場所です。

    ブリトーは人気メニューの一つ。ボリューム満点。

    こちらはローパッタイ。加熱されていないローフードメニュー。

    様々な国籍のフードがミックスし、ベジバー流にアレンジされたベジタリアン、ヴィーガン料理にはいつ来ても飽きることはありません。

    人気のSobaサラダは、日本でもおなじみの蕎麦を使用したサラダで、醤油、ゴマ、のりがトッピングされたサラダは日本テイストですが、とっても個性的。

    料理の隅には様々なオプションが。

    ヴィーガン、グルテンフリーに、ローヴィーガンなど、様々なニーズに合わせたメニューがあるのも、とってもメルボルンらしいですよね。

    スタッフの国籍も様々で、とっても個性的でフレンドリー!

    メルボルンでよく見かけるKombuchaはスパークリングの効いたジュース。

    (昆布?と思うかもしれませんが、実際は昆布は入っていません。)

    混み合ったときは奥のバーでドリンクを楽しみながら待てばあっという間。

     

     

    超人気ベジタリアンカフェ/レストラン、ベジバーはメルボルンに来たら絶対に行くべきスポットです!

    月 – 火 11:00 am – 10:00 pm
    金 11:00 am – 10:30 pm
    日 9:00 am – 10:00 pm
    土 9:00 am – 10:30 pm

    380 Brunswick Street Fitzroy VIC 3065

    vegiebar.com.au/

     

    Read More...

  • Curry Cafe

    September 12, 2016 ALL, Cafe

    様々な国籍の人住むメルボルンは、本格的な多国籍料理が楽しめるのも楽しみの一つ。

    今回ご紹介するのは、来たの郊外ノースコートにあるカレーカフェ。

     

    カフェの多いメルボルンですが、美味しい夜ごはんをリーズナブルに楽しめる場所を探すのはけっこう難しかったります。

    こちらのカレーカフェ、美味しさ、お店の雰囲気、値段のバランスが完璧。

    また夜も遅くまで開いているところから、ヘルシー志向な人の集まるノースコートで平日休日とわずに人気。

     

    ヴィーガンオプションもしっかりとあるのも人気の秘密。

    店に入った途端に香るスパイスの香りは、美味しいカレー屋さんならでは!

    忙しいシティから少し離れたノースコートは、周りにバーもたくさん。

    少しいつもとは違う、夜を過ごしてみるのはいかがでしょうか?

    火 −日曜  6pm – late night

    currycafenorthcote.com.au

    73 High St, Northcote

    Read More...

  • メルボルンで注目のミュージシャン

    September 11, 2016 matome

    アーティストのメルボルン。

    アートと言っても音楽ももちろん盛んです。

    今回はミッシュが注目している、メルボルン出身のアーティストを紹介します。

    Banoffee

    (画像引用Banoffee music facebook page)

    バノフィーとは、バナナ、クリームそしてトフィで作られたイギリスのお菓子。

    若干27歳の彼女は今やメルボルンのミュージックシーンで外せない存在。

    少し切ない音楽に彼女の声がぴったり。

    音楽だけでなく、彼女の独特のスタイルももちろん注目して欲しいところ。

    ぼさぼさの金髪、わき毛やすね毛の処理をしていなかったり、、、メルボルンの若者を代表するような彼女のスタイルにも注目です。

    Vance Joy

    (画像引用Vance Joy Facebook page)

    ヴァンスジョイは、もともとオーストラリアンフットボールのプロプレイヤーとして活躍していたボーカルのジェームス率いる4人組のバンド。

    晴れた日の休日に聴きたくなる彼らのミュージック。

    テイラースイフトのツアーの前座を務めるなど、メルボルンから世界を飛び回る彼らに注目です。

    Two People

    (画像引用Two People Facebook page)

    Two Peopleは今年デビューしたてのバンド。

    メルボルンで活躍していたSnakadaktalとして活動していたPhoebeとJoeyが解散後に結成したバンド。

    落ち着いたテンポに乗る彼女の歌声は、部屋に一人でのんびりしたい夜におすすめ。

    ちなみにフィービーはバノフィーと同じシュタイナー制の学校を卒業しているという裏話も。

     

    Kllo

    (画像引用Kllo Facebook page)

    2014年にデビューにしたクロはボーカルのクロエと、プロデューサーのサイモンの二人組のバンド。

    スローテンポからアップテンポまで様々な曲に合わせるクロエの独特な歌声は、一度聞くと忘れられないそんな魅力が。

    ヨーロッパツアーに出る彼らの活躍に注目が集まります。

    Leisure Suits

    (画像引用Leisure Suite Facebook page)

    こちらも二人組のバンド、レジャースイート。

    ボーカルのBridgeのスムーズな歌声とスローペースな音楽は彼らの年齢を感じさせない、大人っぽい雰囲気。

    家でワインを飲みながらゆっくり聴きたいそんな音楽です。

    MIZ

    FOUNDER / GRAPHIC DESIGNER

    1989年生まれ、京都出身、メルボルン在住のグラフィックデザイナー。日本の大学でファッションデザインを学び、卒業後はスポーツウェアデザイナーとして働き始める。好きな仕事ながらも、プレッシャーと長時間労働により鬱と診断され、退社を決意。何も出来ない数ヶ月を過ごし、薬に頼らずに鬱を治す「認知療法」と出会い、徐々に回復する中で、やりたい事や、働くこと、生きる事の意味について考え始める。

    2014年に小さい頃からの夢、英語を話す事を目標にワーキングホリデーでメルボルンに渡豪。言葉、仕事、家探しや友達作りなど、今まで簡単だったはずの事に苦戦しながら、海外に住む事、またメルボルンという街の面白さを伝えたいとMish Melbourneをスタート。メルボルンのグラフィックデザイン会社でのインターンシップを経て、自分の本当にやりたいこと「グラフィックデザイン」に出会う。

    Miz Website

    Read More...

  • From on High

    September 9, 2016 ALL, Cafe

    今回ご紹介するのは見た目も可愛いパンケーキ。

    プラーンにあるFrom on high は一際目立つペイントの可愛らしい内装。

    ここでオーダーして欲しいのがパンケーキ。

    オーストラリアとニュージーランドでは小さなパンケーキの事をPikelets(パイクレッツ)と呼び、3段に重なったPikeletsはフワフワ。

    フレッシュベリーとマスカルポーネのクリームとの相性は抜群。

    思わず写真に収めたくなる可愛さ。

    メルボルンのカフェらしく、お酒もオーダーできるこのお店。

    暖かくなってきたメルボルンでぜひ出かけたいお店です。

    月–金 7am – 4pm

    土–日 8am – 4pm

    412 High Street, Prahran VIC 3181

     

    Natsu

    Marketing assistant / Student

    日本で大学卒業後、7年弱勤めた大手メーカーをやめ、メルボルンにてワーホリ生活をスタート。語学の壁に苦しみ、仕事探しにも苦戦しながらもメルボルンという街の魅力にみせられ、Mizとの出会いをきっかけにMishの活動に参加。

    現在は現地の学校にてマーケティングを勉強しつつ、Mishでもマーケティング担当として活動。

     

    Read More...