Suku Home

アーティストの街と言われるメルボルン。

様々な人が大きな会社で働くことよりも、自分の価値観を信じ自分のやりたいこと、信じることを追求している街でもあります。

今回ご紹介するSuku Homeは、まさにそんなメルボルンで生まれた、眠ることを愛する人のために生まれた小さなブランド。

suku-zen-campaign7

ファウンダーのクリスティーンは、ファッションデザインの経験も持たず、お店も持たず、彼女の寝室に対する愛情一つでSuku Homeを始めました。

今では多くの「眠ること」を愛する人々に支持され、今月メルボルンのシティの中心に初のショップをオープン。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

肌触りのいい素材に、シルクスクリーンで擦られた絞りのような独特なテキスタイルは触る時に思わず深呼吸したくなる、そんな触り心地のいい素材。

suku-zen-campaign8

多くのファストファッションの背景に、過酷な労働条件で働く人々がいるこの時代に、Sukuはあえてインドネシアに工場を持ち、地元の女性を雇用し、プリント、縫製の仕事をフェアトレードで行っています。

まさに今メルボルンで注目を浴びるSukuの、デザイナーでありファウンダーであるクリスティーンに、Sukuのストーリーを伺いました。

 

Q, どうやってSuku Homeを始めましたか?

Suku Homeを始めたのは4年前。

私の祖母が、偶然にも衣料を製造する業界で長く働いていたので、彼女と共にこのブランドを始めることはとっても自然なことだったわ。

彼女に言ったのは、私は何か可愛いものを作りたい、でもそれは服である必要ではないということ。

そして自分が自分の部屋に欲しいものと、ベッドリネンの業界で売っているものとにギャップを感じていたので、じゃあなぜ自分で可愛いベッドリネンのブランドを作らないの?と思い始めるようになった。

特に、私にとって寝室は自分のサンクチュアリで、素敵な寝室を持つのは本当に私にとって大切な事。

とっても素敵な名言があって、「もしあなたが、この世界に全ての美しいものを求めれば、やがてあなた自身が美しいものなるでしょう。」

そう、もしあなたがいつも素敵なものや空間にかこまれていれば、あなた自身も、美しい人になれるということ。

suku-zen-campaign6

suku-zen-campaign1

 

Q, Suku Homeってどういう意味?

インドネシアの言葉で種族、部族という意味。

始めのアイデアは、インドネシアのルーツに戻って伝統的な染めの方法で何か新しいものをモダンなものを作りたいと思っていたの。

でも、蓋を開けてみれば Suku Homeはもっと’今’を感じるものに発展したわ。

私たちは、私たちのように、眠ることに対する感謝を感じているたくさんの人たちが支持してくれているんだけど、それって眠ることを心から楽しんでいる人々がいるってことを象徴している思うの。

 

suku-zen-campaign3

Q, 誰がスクリーンプリントと縫製をしているの?

私たちは、バリに小さなスタジオを作って、地元のバリの女性を雇用しています。

自分たちが誰が働いているか、そしてそれがフェアトレードであるかどうか知っていることは、私たちにとってとても大切なことなのです。
Q, ファッションデザイナーの経験がない中で、ファッションブランドを始めるのは難しかったですか?

もしあなたがクリエイティブであれば、きっとどんなものであっても作れるはずだと私たちは信じていて、ただ必要なことは、その業界がどのように動いていて、あなたのクリエイティヴィティをどうやってそこに落とし込むかではないかなと思います。
suku-zen-campaign4

Q, Suku Homeを始めた時、きっと誰もあなたのブランドの事を知らなかったと思いますが、どうやってお客さんをえましたか?

友達、そしてローカルのコミュニティーね。

とにかく、あなたが働きたい人たちにアプローチすることが大切。

もし働きたいその気持ちを伝えなければ、どうなるかは一生知ることはないでしょ。

恥ずかしがったり、拒否されることを恐れてはいけないわ。

もし拒否をされたとしても、それはそうなるべきだったということだと思って、決して間に受けないことが大切ね。
suku-zen-campaign10

Q, 何かこれからの目標はありますか?

もちろん!Suku Homeを大きくすること。

SUKUを思い出すたびに、人々が少し立ち止まって休憩するということを思い出して欲しいの。

それって、「とにかくいけ!いけ!いけ!」という今の社会の中で生きるために、とても大切なことだと思うの。

SUKUが、どの国にあっても、人々が立ち止まって、呼吸することを思い出すような、そんな禅の空間であって欲しい。

あとは、、日本にSUKUストアを出すこと!

そうなればとっても素晴らしいわね。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

www.sukuhome.com/

(商品は日本からも購入することができます。)

193/187 Elizabeth St, Melbourne VIC 3162

 

 

以下英文インタビュー


Q, How did you start Suku Home?

I started four years ago.

At that time, I have been working for a big Australian label for three years and just want to create something refreshing for the retail industry.

Coincidentally, my grandma has been working on the garment production industry all her life, so it is very natural for me to start the label with her.

I told her, I want to make pretty things but it doesn’t necessary have to be clothes…

I saw gap in bed linen industry as there nothing out there that i want to buy for myself to put in my room, as i think they’re all a bit the same or if not, they have been crazily massed produced.

Then i think… why not make a pretty bed linen label, especially because my bedroom is my sanctuary and it’s so important for me to have a pretty space.

There is a lovely quote that says “I promise if you keep searching for everything beautiful in this world you will eventually become it”, so if you always surrounded yourself with pretty things/space… everything you will eventually become one.

Q, What does Suku home means?

SUKU in Indonesia means tribe.

The initial idea is to go back to my Indonesian root and use the traditional method of dye-ing to create something modern for the home… however it has evolve into something more now.

We have a big followers of people who appreciate the importance of sleep as much as us.. so I guess it represents a tribe of people who absolutely enjoy sleeping 🙂

 

Q, Who is doing screen print and sewing? 

We set up a small studio in Bali, employing the local Balinese women.

It is very important for me that I know who I work with and that it is a fair trade (i think being a Libra, scale sign, it’s all about being fair haha)…

 

Q, Was it difficult to start fashion label without experience as a designer?

I am a strong believer that if someone is creative, they can make anything.

You just need to know how the industry work and insert your creativity into it.

A good designer for me is someone who has a vision and know how to manifest it.

 

Q, When you started your label, nobody might know your brand, how did you get your clients from?

Friends and your local community.

Approach as many people as you want to work it because you never know if you never ask them so never feel shy or scare of rejection.

If you get rejected it just means that it wasn’t meant to be, do not take it personally.

 

Q, Do you have any vision in the future?

Yes! I want to make SUKU big, I want everytime people think of SUKU, it’s like a reminder for them to stop and take a rest.

I think it’s important, we live in a society where it’s just GO GO GO…

I want SUKU to be a zen space in every single country to remind people to stop and take a breath 🙂

I’d love to one day open a SUKU store in Japan. I think it’ll be awesome!

 


他の記事もチェック!


Leave A Comment