Twenty and Six

North MelbourneといえばAuction RoomやBeatrixなどが有名ですが、そんな激戦区にあるTwenty and Sixというカフェをご紹介します。このカフェの特徴は何と言ってもかわいい裏庭。緑に囲まれた静かで落ち着いた空間。カフェを訪れた日は30度という夏日でしたが、外のテーブルは木陰になっているので、それほど暑く感じることはなく、快適で過ごしやすかったです。コーヒーはseven seedの豆を使っていて、ミルクシェイクやフルーツジュースなどの夏にぴったりな飲み物のバラエティーも豊富です。

 

私が頼んだブリオッシュフレンチトーストはレモンの酸味とそのほかの甘みが絶妙な甘すぎず重すぎない一品でした。野菜が豊富に使われているメニューも多くて、量も多めなので満足いく一品に出会えること間違いなしです。コーンブレッドをメインとしたメキシカン風のメニューから最近流行りのハルーミチーズのサンドイッチなど試してみたいメニューがたくさんありました。

 

2回目に訪れた時はEggs on Toastを頼みました。Eggs on Toastはメルボルンのカフェならどこでも見かけるメニュー。簡単に説明すると、このメニューはスクランブルエッグ、ポーチドエッグ、目玉焼き(フライドエッグ)のどれか好きな卵メニューとトーストのセットです。最近私はスクランブルエッグにはまっていて色々なカフェのEggs on Toastの食べ比べをしていますが、このお店は今まで試した中で一番量が多く、食べ応えがあり、パラパラでおいしかったです。今度スクランブルエッグ特集したいなと密かに考えています。

 

待ち合わせの30分以上前についたのにも関わらず、4人席に1人で座っている私に嫌な顔をせず、裏庭に空きがでたら移動したいという要望にも笑顔で対応してくれて、私の友達が1人ずつ来るたびに飲み物のオーダーだけ取りに来てくれて、4人揃ったら食べ物のメニューのオーダーを取りに来てくれるなど、すごく親切で私たちに合わせたペースでサービスをしてくれました。土曜日にも関わらず長居ができて、おしゃべりするにも最高のカフェでした。ぜひ訪れてみてください!

594 Queensberry St, North Melbourne VIC 3051
Mon – Fri 7:00AM – 3:00PM
Weekend 8:00AM – 3:00PM

MIYUU

1996年生まれ、千葉出身、メルボルン在住の大学生。
小さい頃から憧れていた海外での学生生活を経験すべく16歳の時、メルボルンの高校へ一年留学へ。留学中出会った人たちに恵まれ、日本の高校を退学してメルボルンの高校への転校を決意。特にカフェ、コーヒー文化に興味を持ち始め、現在はRMITで会計を専攻し学業に励みながらカフェ巡りの生活。

Instagram

 


他の記事もチェック!


Leave A Comment