• Tour Report #1

    May 8, 2017 Uncategorized

    先月からスタートした Mish CBD Tour

    今回のお客様は日本から来てくれた2人組。

    出発前の空港から予約をしてくれたお二人にCBDのツアーを行いました。

    まずは有名なセント・ポールズ大聖堂へ。

    その後歩いて5分ほど、フェデレーションスクエアの近くにある、アートで有名なHosier Laneへ。

    このストリートのアートは何度も塗り替えられるためいつ来ても新しい絵が楽しめます。

    アーティストが壁に絵を描く姿も。

    その後、アーケードを抜けたどり着いたのは有名な Sensory Lab。

    いつ来ても賑わうお店でゲットしたのはメルボルンで主流のフラットホワイト。

    その後向かったのはお土産にもとってもオススメなメルボルン発のとっても可愛いお茶のブランドT2

    日本では見かけない様々なフレーバーに加えて、パッケージもや店内もとっても可愛い!

    壁中にびっしり並ぶお茶は写真を撮らずには入られません。

    お茶の試飲も楽しんだ後に向かったのは有名なState Library

    この図書館は誰でも入館ができ、フリーWi-Fi、コンセントの使用も可能。

    そして図書館の奥に入って、最上階まで行くと図書案が一望できるんです。

    そこから歩いて向かったのはカールトンガーデン。

    今回はその隣にあるMelbourne Museumeにあるカラフルな壁の前で記念撮影!

    メルボルンをぎゅっと凝縮した数時間!

    シティ内だけでこれだけ楽しめます。

    ツアーにご興味のある方はメールにてお問い合わせを。

    Name *

    Email *

    Subject

    Message

     

    Read More...

  • Mish Tour Start!

    April 2, 2017 Uncategorized

    CBDツアー
    (CBDマップ付き)

     

    コーヒーの街、アートの街、オーガニック先進国など様々な顔を持つメルボルン。

    オーストラリアの南にあるこの小さな街は、まだ日本人には知られてないスペシャルな場所。

    ガイドブックに載っていないオススメスポットを2時間かけて案内いたします。

    ul#slider_3 {
    margin: 0;
    width: 100%;
    height: 100%;
    max-width: 500px;
    max-height: 375px;
    overflow: visible;
    padding: 0;
    }

    .slider_3 {
    width: 100%;
    height: 100%;
    max-width: 500px;
    max-height: 375px;
    margin: 0 auto;}
    .huge-it-wrap:after,
    .huge-it-slider:after,
    .huge-it-thumb-wrap:after,
    .huge-it-arrows:after,
    .huge-it-caption:after {
    content: “.”;
    display: block;
    height: 0;
    clear: both;
    line-height: 0;
    visibility: hidden;
    }

    .video_cover, .playSlider, .pauseSlider, div[class*=playButton] {
    display: none !important;
    }

    .huge-it-thumb-wrap .video_cover {
    display: block !important;
    }

    iframe.huge_it_vimeo_iframe {
    height: 375px;
    }

    div[class*=slider-loader-] {
    background: rgba(0, 0, 0, 0) url(http://mishmelb.com/wp-content/plugins/slider-image/assets/images/front/loading/loading1.gif) no-repeat center;
    height: 90px;
    overflow: hidden;
    position: absolute;
    top: 142.5px;;
    width: 500px;;
    z-index: 3;
    }

    .huge-it-wrap {
    opacity: 0;
    position: relative;
    border: 0px solid #ffffff;
    -webkit-border-radius: 0px;
    -moz-border-radius: 0px;
    border-radius: 0px;
    overflow: hidden;;
    }

    .huge-it-slide-bg {
    background: rgba(255,255,255,1);
    }

    .huge-it-caption {
    position: absolute;
    display: block;
    }

    .huge-it-caption div {
    padding: 10px

    Read More...

  • メルボルン内でマップ販売スタート

    February 25, 2017 Uncategorized

    今回、オンラインショップ以外にメルボルン内でマップの購入が可能になりました!

    以前ミッシュでもご紹介したZineの専門店 Sticky Institute

    メルボルンで最も有名な駅であるフリンダースの地下にあるこちらのお店。

    様々なアーティストが自分たちの作った本を売っている中、こうやってミッシュのガイドマップが並ぶのはとても感動的!

    お店自体もとっても個性的でクリエイティビティに溢れているのでメルボルンに来たら必ず行って欲しい場所の一つでもあります。(マップにも載っていますよ)

    ミッシュのマップは現在、カウンターの左にある、今月の新作コーナーにあります!

    メルボルンのガイドブック販売開始から色々なメッセージや実際にマップを使用する姿の写真をInstagramなどで共有してもらって、本当にマップの発売という目標を達成できてよかったなと思っている毎日です。

    本当に購入いただいた方、メッセージを送ってくださった方、ありがとうございます!

    現在、ミッシュのお気に入り北の郊外のマップに向けて準備中!

    お楽しみに!

    Read More...

  • City Guide Map

    February 13, 2017 Uncategorized

    ガイドブックには乗っていない本当のメルボルンをコンセプトに、2016年に始まった Mish Melbourne。

    ついに念願のガイドマップが完成しました。

    コーヒーの街、アートの街、世界一住みやすい街と呼ばれるメルボルンには、様々な個性あふれるエリアがあります。

    その中でもメルボルンに来たら誰もがまず始めに訪れる場所、シティの中心(CBDと呼びます)。

    常に人溢れるシティで本当のメルボルンを見つけるのは、意外と簡単ではありません。

    チェーン店ではなく、地元の人が毎日足を運ぶコーヒーショップ。

    知らなかったら過ぎてしまう素敵なショップ達。

    そんな私たちのお気に入りのお店を知ってもらうためにできたマップ。

    カフェやショップ、バーやオススメスポットなど今までミッシュウェブサイトに掲載したもの、していないものなど40ヶ所以上を1枚まとめました。

    この1枚さえあれば、メルボルンに訪れるのが初めてでも、たとえ滞在が数日でも、メルボルンの魅力を分かってもらえるはずです。

    日本からは、オンラインショップのみでご購入いただけます。

    メルボルン内では以下のショップからご購入いただけますのでぜひチェックしてみてくださいね!

     

    Sticky Institute in Melbourne

    Kuu Japanese in Melbourne

     

    MIZ

    FOUNDER / GRAPHIC DESIGNER

    1989年生まれ、京都出身、メルボルン在住のグラフィックデザイナー。日本の大学でファッションデザインを学び、卒業後はスポーツウェアデザイナーとして働き始める。好きな仕事ながらも、プレッシャーと長時間労働により鬱と診断され、退社を決意。何も出来ない数ヶ月を過ごし、薬に頼らずに鬱を治す「認知療法」と出会い、徐々に回復する中で、やりたい事や、働くこと、生きる事の意味について考え始める。

    2014年に小さい頃からの夢、英語を話す事を目標に、ワーキングホリデーでメルボルンに渡豪。言葉、仕事、家探しや友達作りなど、今まで簡単だったはずの事に苦戦しながら、海外に住む事、またメルボルンという街の面白さを伝えたいとMish Melbourneをスタート。メルボルンのグラフィックデザイン会社でのインターンシップを経て、自分の本当にやりたいこと「グラフィックデザイン」に出会う。

    Miz Website

    Read More...

  • SC Melbourne

    January 18, 2017 Uncategorized

    メルボルンは世界一のコーヒーの街と言われ、どこもかしこも素敵なカフェでいっぱい。

    そんなメルボルンには毎年たくさんの日本人がバリスタの修行をしに集まります。

    今日ご紹介するのは、メルボルンでバリスタとして働く3人が2016年から活動をはじめたプロジェクト [SC Melbourne]。

    そのリーダーでもあり、以前ミッシュでも紹介した、 Addict coffee and food でヘッドバリスタとして働くYutaroさんにお話を伺いました。

    【メルボルンで出会った美味しいコーヒーをもっと日本の人に知ってもらいたい】

    はじめまして。SC Melbourneの Yutaroです。
    SC MelbourneはAkari、Yoshinori そして僕のメルボルンでバリスタとして働く3人が2016年から活動をはじめたプロジェクトチームです。

    ある日、日本のバリスタ達が良く行くラーメンバーで僕とAkariと他数人と、バリスタとして経験してきた事やメルボルンのコーヒーって美味しいよね!とかコーヒーの淹れ方などについて話していました。日本にはない世界がここメルボルンにはあります。

    そこで思ったのです。これまで僕らがメルボルンで経験した事や知った事、コーヒーや文化を「次は僕達が’伝える’事をしていきたい」と。

    その時にお互いのやりたい事が一致した僕とAkariとYoshinoriでこのプロジェクトを計画して行う事にしました。

    現在、僕はオーストラリアにきてもうすぐ4年が経とうとしています。
    今まで教えてきてもらった事、バリスタとして、コーヒーの事はもちろん海外で働く事や暮らすことについて日本の方々に伝えていけたら。

    もっと日本の同い年や若い世代の方が海外に興味を持ち、世界へ進出し、活躍したいと思う日本人が増えて、世界各国の文化や技術を知るようになったら。
    結果的に日本のコーヒー文化の底上げになると思います。

    日本でメルボルンの認知、コーヒーへの価値観が変わり始めている今こそがタイミングだと思っています。

    メルボルンのCOFFEEが僕らの世界を変えた。
    見てきたこと、学んだこと、やってきたこと。
    今度は僕達がみなさんに伝える番です。

    【美味しいコーヒーには物語がある】

    コーヒーは作物であってそこには育て手がいる事。そこにあるたくさんの物語。
    みなさんが日々飲んでいるカップ一杯のコーヒーの物語はどこから始まっているのか?
    ここコーヒー先進国のメルボルンで僕達が出会ったスペシャルティコーヒーの素晴らしさを、コーヒーが美味しい理由を伝えられたらいいなと思います。

    【今後の活動について】

    現在はInstagramやfacebookのSNSでメルボルンのコーヒーや文化を発信しています。

    そして2017年春。日本で面白い事ができるように計画中です。
    きっとこの記事を見て頂いている方やたくさんの人にもお会いできると思います。
    今後のSC Melbourneの活動、随時SNSなどで情報更新します!

    SC Melbourne FBページ

    SC Melbourne Instagram ページ

    Read More...

  • オーストラリアあるある #15

    July 20, 2016 matome, people be like, Uncategorized

    -今回の絵で紹介されたお土産について-

    ■Timtam (ティムタム)

    オーストラリアのアーノッツ社が1963年からチョコレートビスケットです。

    約29種類の味があります。

    ■Aesop(イソップ)

    1987年にメルボルンで創業した会社。スキンケア、ヘアケア、ボディケア製品です。

    ■UGG(アグ)

    オーストラリア人によって考案されたUGGのシープスキンブーツです。

    表面がスエードで裏面はウールのフリースの2面で構成されています。

    (羊の多孔質は表面に穴がたくさん開いてるため夏は涼しく冬は暖かいそうです)

    ■Paw-paw cream(ポーポークリーム)

    オーストラリア生まれの万能な軟膏です。

    地元産のパパイヤと白色ワセリンをベースに作られたクリームで炎症や肌のかゆみなど効果的です。

    ■Red sparkring wine(スパークリング赤ワイン)

    オーストラリアを代表するワイン専用のブドウ品種『シラーズ』から出来たスパークリング赤ワインです。

    オーストラリアらしいワインです。

    konson (コンソン)

    1987年生まれ、栃木出身、日本でプロダクトデザイナーとして働くが何か物足りなさを感じ始めて、その何かを求めて一人旅へ。旅先で人生の転機を迎えともに外国人やいろんな人に触れ合う機会があり、もっと新しい世界を見てみたいと海外に行くことを即決し退社。英語が話せないまま2013年よりカナダのトロントに移り住む。様々な出会いを通してグラフィックデザイナー、イラストレーターとしてキャリアをスタート。もっと新しいことを知りたいと2015年からメルボルンでの新しい生活をスタートさせる。バリスタとして働きながら、同じ英語圏であるオーストラリアとカナダの違いに面白さを見出し”People Be Like -オーストラリアあるある-”の連載をミッシュメルボルンにてスタート。

    Konson Gallery FB page

    Read More...