• メルボルンで注目のミュージシャン

    September 11, 2016 matome

    アーティストのメルボルン。

    アートと言っても音楽ももちろん盛んです。

    今回はミッシュが注目している、メルボルン出身のアーティストを紹介します。

    Banoffee

    (画像引用Banoffee music facebook page)

    バノフィーとは、バナナ、クリームそしてトフィで作られたイギリスのお菓子。

    若干27歳の彼女は今やメルボルンのミュージックシーンで外せない存在。

    少し切ない音楽に彼女の声がぴったり。

    音楽だけでなく、彼女の独特のスタイルももちろん注目して欲しいところ。

    ぼさぼさの金髪、わき毛やすね毛の処理をしていなかったり、、、メルボルンの若者を代表するような彼女のスタイルにも注目です。

    Vance Joy

    (画像引用Vance Joy Facebook page)

    ヴァンスジョイは、もともとオーストラリアンフットボールのプロプレイヤーとして活躍していたボーカルのジェームス率いる4人組のバンド。

    晴れた日の休日に聴きたくなる彼らのミュージック。

    テイラースイフトのツアーの前座を務めるなど、メルボルンから世界を飛び回る彼らに注目です。

    Two People

    (画像引用Two People Facebook page)

    Two Peopleは今年デビューしたてのバンド。

    メルボルンで活躍していたSnakadaktalとして活動していたPhoebeとJoeyが解散後に結成したバンド。

    落ち着いたテンポに乗る彼女の歌声は、部屋に一人でのんびりしたい夜におすすめ。

    ちなみにフィービーはバノフィーと同じシュタイナー制の学校を卒業しているという裏話も。

     

    Kllo

    (画像引用Kllo Facebook page)

    2014年にデビューにしたクロはボーカルのクロエと、プロデューサーのサイモンの二人組のバンド。

    スローテンポからアップテンポまで様々な曲に合わせるクロエの独特な歌声は、一度聞くと忘れられないそんな魅力が。

    ヨーロッパツアーに出る彼らの活躍に注目が集まります。

    Leisure Suits

    (画像引用Leisure Suite Facebook page)

    こちらも二人組のバンド、レジャースイート。

    ボーカルのBridgeのスムーズな歌声とスローペースな音楽は彼らの年齢を感じさせない、大人っぽい雰囲気。

    家でワインを飲みながらゆっくり聴きたいそんな音楽です。

    MIZ

    FOUNDER / GRAPHIC DESIGNER

    1989年生まれ、京都出身、メルボルン在住のグラフィックデザイナー。日本の大学でファッションデザインを学び、卒業後はスポーツウェアデザイナーとして働き始める。好きな仕事ながらも、プレッシャーと長時間労働により鬱と診断され、退社を決意。何も出来ない数ヶ月を過ごし、薬に頼らずに鬱を治す「認知療法」と出会い、徐々に回復する中で、やりたい事や、働くこと、生きる事の意味について考え始める。

    2014年に小さい頃からの夢、英語を話す事を目標にワーキングホリデーでメルボルンに渡豪。言葉、仕事、家探しや友達作りなど、今まで簡単だったはずの事に苦戦しながら、海外に住む事、またメルボルンという街の面白さを伝えたいとMish Melbourneをスタート。メルボルンのグラフィックデザイン会社でのインターンシップを経て、自分の本当にやりたいこと「グラフィックデザイン」に出会う。

    Miz Website

    Read More...